2008年01月28日

ドラマ「鹿男あをによし」



今、録画したドラマの編集作業していてPC使えないので携帯で記事更新(^-^)

さて1月から始まったドラマ、私的には興味あるのが多かったのですが、最終的には2作品を録画して観ています。

一つは、成海璃子チャンが主演している「ハチミツとクローバー」
そしてもう一つがこの「鹿男あをによし」。

shikao001.JPG


タイトルからして、なんじゃこりゃ?て感じだし、主演が綾瀬はるかチャンに玉木宏クン。そして多部未華子チャンも出演ときたら観るけゃないでしょう(笑)

脇役も佐々木蔵之介氏や児玉清氏など個性派も多いし、出演者だけでも魅力でしたからね。

で肝心のドラマ事態は…

何か独特の雰囲気のありますよね。何だろうミステリーぽい感じだし…

で1話の放送観て、何か気になっちゃったので原作本読んで見るかなと思い、翌日仕事帰りに本屋さんに寄って原作本をGET。チョット値段高かったケド(^^;

で偶々先週は風邪でぶっ倒れて家で寝込んでいたので、原作本読んで見ました。

う〜ん。不思議な作品ですよね。原作本読んで見て感じたイメージとドラマの感じが合っていますね。

原作本読まないでドラマだけ観ている人もいると思うので、全体的な内容とかネタバレになるかもしれないので書きませんが、ズバリこの作品の重要なキャラクターは、多部未華子チャンが演じている「堀田イト」ですね。後はもうドラマで出ている意外な人が鍵を握っています。←おっと!ネタバレになりそう(笑)

原作では、男である「藤原クン」がドラマでは女性になっているので、ドラマオリジナルになるのかな…

まぁ、いずれにせよドラマだけ観ている人には、これからのストーリー展開が評価分かれそうですが、他のドラマとは何か違うと感じるんじゃないでしょうか。
posted by クロピョン at 21:38| 埼玉 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | テレビドラマ・映画・舞台 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はるかちゃんは当然ですが、未華子チャンもなかなか可愛いくて良いですよね。(*^▽^*)

原作を読んでいないので、よく解かりませんが、イトちゃんが何かキーポイントだと言うのは解かります。♪(^o^)v

第2話でも、玉木くんの下宿に訪れましたよね。あれも絶対に意味があると思うのですが・・・。o(^▽^)o

まあ、それらも毎週、見て行けば自ずと解かると思います。今までにないドラマであって欲しいですね。( ̄0 ̄)/ オォー!!

Posted by はーちゃん at 2008年01月29日 13:20
はーちゃん>はい。はーちゃんの言うとおり、「堀田イト」が「小川先生」の下宿先に来ていたのは意味があります。

その事から、この二人が重要な関係なのが分かりますよね。

おそらくドラマの中盤辺りから判ってくると思いますよ。

しかし、はるかチャンの役、原作だと男の設定なので、ドラマではどのように関わってくるのか判りませんね…(^^;
Posted by クロピョン at 2008年01月29日 14:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。